東京でAGAに悩んでいるならザガーロを試してみよう

ザガーロは、2015年に承認された新しいAGA治療薬

ザガーロは、2015年に承認された新しいAGA治療薬ザガーロはプロペシアよりも高い薄毛改善効果が期待できます服用方法が非常にシンプルなのもザガーロの特徴

AGA(男性型脱毛症)に悩んでいる男性は東京にも非常に多いかと思いますが、そのような方にとって非常に頼りになる存在がザガーロです。
ザガーロは、2015年に承認された新しいAGA治療薬で、デュタステリドを有効成分としています。
日本で承認されているAGA治療薬にはプロペシアもありますが、ザガーロの方が高い薄毛改善効果が期待できることから、新しいAGA治療薬として注目を集めています。
そもそもAGAは、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが原因で引き起こされるのですが、デュタステリドはこのDHTの産生を抑制するという作用があります。
DHTは、テストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結合することで産生されるのですが、デュタステリドはこの5αリダクターゼの働きを阻害します。
5αリダクターゼの働きが弱まるので、DHTの産生量が減少して薄毛が改善するというわけです。
また、5αリダクターゼという酵素は、全身の皮脂腺に分布する�T型と、前頭部・頭頂部・脇・髭などに分布する�U型の2種類あるのですが、デュタステリドは�T型・�U型の両方の働きを阻害します。

AGA治療薬:フィナステライド1ヶ月3,000円(初回のみ1,800円)湘南美容クリニックAGA新宿院 0120-489-100
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2ー2ー13新宿TRビル4階#AGA #植毛 #薄毛 #抜け毛 #ミノキシジル #フィナステリド #眉植毛 #プロペシア #ザガーロ #ED pic.twitter.com/F0MSxKmFfy

— 髪の髪チャンネルAGA植毛ドクターKASAI (@usugemuyo) June 22, 2019