東京でAGAに悩んでいるならザガーロを試してみよう

ザガーロはプロペシアよりも高い薄毛改善効果が期待できます

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、�U型の働きは阻害してくれますが、�T型の働きは阻害できません。
そのため、ザガーロはプロペシアよりも高い薄毛改善効果が期待できます。
ただし、このAGA治療薬には即効性は期待できないので注意が必要です。
早い方の場合は服用開始から3か月ほどで効果が現れ始めますが、効果を実感するには最低でも6か月は服用を続ける必要があります。
効果が現れるまでに時間がかかるのは、ヘアサイクルが深く関係しています。
ヘアサイクルとは、新しい髪の毛が生えて抜け落ち、再び生えてくる周期のことです。
ヘアサイクルは、新しい髪の毛が生えてくる成長期(2〜6年程度)、成長がストップする退行期(2週間程度)、髪の毛が抜け落ちる休止期(3〜4か月程度)という3つの段階で構成されているのですが、AGAになるとこのサイクルが乱れて成長期が短くなるため、毛髪が成長しきる前に抜け落ちて薄毛が進行してしまいます。
デュタステリドは、ヘアサイクルの乱れを整えてくれるので、服用することで薄毛が改善されますが、ヘアサイクルが正常に戻ったとしても新しい髪の毛が成長するまでには時間がかかります。
効果を実感できないからと言って、服用を中止してしまうとデュタステリドの効果は失われ、AGAが進行してしまうので根気強く服用を続けることが大切です。

ザガーロは、2015年に承認された新しいAGA治療薬ザガーロはプロペシアよりも高い薄毛改善効果が期待できます服用方法が非常にシンプルなのもザガーロの特徴